マンションの修繕

大規模修繕はどうやって行われるの?
修繕する場所やタイミングを決めた長期修繕計画にのっとって行われます。
大規模修繕を成功させるためには組合役員の共同作業が必要です。

マンションは新築後、年とともに確実に劣化していきます。通常のメンテナンスや
修繕工事だけでは防げない、各種機能や材料などの劣化を食い止め、マンションの資
産価値の維持やスラム化を防ぐために大規模修繕工事が行なわれます。
マンションの修繕計画は各部材、各機器等の劣化時期がまちまちで統一していないので、
通常は20~30年というような長期計画を立て、各項目、各仕様、修繕時期、我用などと修繕積立金や積立残高を考慮して調整を行ないます。
これが「長期修繕計画」です。
大規模修繕工事を成功させるためには、長期修繕計画をもとに準備をしなければなりません。
まず修繕専門委員会をつくり、メンバーと理事会が共に協力して、理事会などで説明会を開催し、長期修繕計画を区分所有者に全員に理解してもらいます。
私はここ→で情報を集めました。

大規模修繕を成功させるには
劣化状態を正しく把握し、説明会で理解を得るためにも、住人による専門委員会が
中心となり、専門家の意見を聞いて確実に調査、診断を行ない、簡易建物劣化診断調
査書を作成することが第一です。そして、建物の劣化状態を全員で見て専門技術員の
説明を受けるような場をもうけ、工事の必要性や現状を把握してもらうことが必要になります。
建物劣化診断では、躯体構造、外壁、鉄部、屋上防水などの仕上げや、給排水設備
など設備の劣化状況を診断します。次に、この劣化診断に基づいて第三者の建築士な
どに修繕設計を依頼します。以上が終了し、資金計画がまとまると、複数の業者に見
積りを依頼して検討のうえ、施工業者を決定します。

DY028_L