マンションの大規模修繕

大規模修繕に対応する合理的なシステム

軽微なものは管理費から支出されることも多いようですが、この修繕積立金を行な
っていないと一番問題になるのは、金額が大きくなる大規模修繕のときです。分かり
やすい例が外壁塗装や屋上防水、屋内外にある給排水管の取り替えなどの必要性が生
じたときです。各戸当たり少なくとも数十万円あるいは、百万円を超える支出を余儀
なくされます。

共用部分ですから、自分の持ち分だけあとで工事を行なうというわけにはいきませ
ん。各所有者にはさまざまな事情があるでしょうから、すべての人がそのときに支払
えるというわけではありません。

マンションという共有財産を守り、計画的に維持していくためにも、
また、徴収の際のトラブルを避けるためにも、修繕積立金は現在のところ合理的なシステムといえます。
私は詳しい事をここ→で調べました。

修繕積立金の金額を決める方法
毎月の積立金は、長期修繕計画を立てて、そのときに発生する概算費用を試算して
決めます。各戸の床面積に応じて負担金額に差を生じさせている場合が多いようです。

ある管理組合では、長期修繕計画の見直しにより、当初決められた修繕積立金では
不足することがわかり、管理組合の総会で積立金額のアップを行ないました。逆に、
大規模修繕の実施にあたり、業者の選定や工事内容、工事金額を厳しく査定したり比
較することによって、予定より大幅に支出金額が減ったというケースもあります。

積立金が不足している場合、不足分を一時金として工事前に別途徴収する場合もあ
りますし、当初からその考え方で行なう場合もあります。管理会社のいいなりになら
ず、第三者の専門家の意見も聞きながら実施していくこともよい方法でしょう。

DY033_L