超高層マンションにデメリットはある?

最近は大規模マンションが増えています。
しかし、住まう人にとってデメリットがないわけではありません。

最近、都内では超高層マンションが乱立しています。高額物件にも関わらず高い倍
率の希望者がある人気物件といえます。都心部の便利な場所に建つことが多いのですが、
その立地条件もさることながら、階下を見下ろす優越感と夜景を一望する都会的なイメージも人気の理由になっています。

超高層のマンションは、その地区全体の開発ごとなされているケースが多いので、

建物周辺のランドスヶープもつくり込まれていますし、商業施設なども充実しており、人工的につくられた便利さを買うことができます。
通勤、通学の移動を除けば、電車や車などを使わずとも日常生活を営むことができるでしょう。
超高層マンションは大規模マンションの部類に入ります。しかし、建築コストについては前項で述べたようなメリットをあまり期待できません。

多くの収容世帯数のある建物ではありますが、構造上のコストや、超高層であるがゆえに必要な設備のコスト、
人工地盤やランドスケープのためのコストが、通常の低.中高層の建物より格段に多くかかっています。
そのコストは各戸の販売価格に付加されているので、経済性のよい物件とはいえません。
また、老朽化を迎えたときの解体費用は想像を超える金額になる可能性があることも忘れてはなりません。
私はこちら→家 高く売る で詳しい事を調べました。

また、管理に関しても、通常の建物よりコストがかかることはいうまでもありません。
特殊な設備があれば、専門のメンテナンス会社に保守や点検を依頼しなければなりませんし、
敷地内の清掃ひとつとっても、つくり込んであるだけに手間がかかる傾向にあります。

DY052_L