修繕積立金は何のために使う?

共用部分の修繕、メンテナンスに必要なお金を積み立てるものです。
あまりに安いと大きな修繕の時にまとまった支出が必要になることもあります。

マンションでも戸建でも、建物を維持していくために必ず修繕は必要になってきます。
戸建の場合、年間平均約帥万円を修繕や改築費用として使っていると試算している報告書もあります。
戸建ではその都度所有者が支払えばよいのですが、共同住宅であるマンションは、共同であるがゆえにさまざまな問題があります。

マンションの部屋内部のリフォームを行なうには、もちろんそのオーナーが費用を負担すればよいのですが、
外部ホールや廊下、外壁、屋上、集会所などの共用施設、貯水層やポンプ、
外部照明器具などの設備はマンション全員のものですから、その維持費も全員で負担しなければなりません。
私はこちら→で詳しい事を調べました。


例えば外部照明器具が壊れた場合や急に漏水が起きた場合は、緊急性があるので通常は管理費より支出します。
これらは部分的な範囲のものですが、マンション全体の防水の劣化や外壁の劣化などは費用が膨大になるので、
事前に修繕積立金を毎月管理費と同じように全員から預かり、積立てておいたなかから支出します。使用した目的や内訳は、
年に一度の管理組合の総会でまとめて報告されることになります。

施工業者を決定する際の注意事項は、見積金額だけにとらわれず、工事中の落下物による物損、
仮設工事の不備などによる人的事故に対して賠償責任能力があるかどうか、
管理組合や住民との対応を熟知しているかどうかを確認することです。
同時に工事中に業者が倒産した場合の対策を検討することです。

DY192_L